おしらせ


山の上の手づくり市ホームページ→http://yamanouemoushi.jimdo.com
毎月第一月曜日の10:00〜17:00開催です。→アクセス




10/6(月)通常通り。

11/3(月・祝)通常通り。





マイバッグ・マイカップを是非ご持参ください!
みんなでごみを減らしませんか。

スポンサーサイト



母子(もうし)の良さを伝えたい♡
めざせ三田市の有名ブログ!

ということで、ぜひ応援をよろしくお願いします♪

クリック(1日1回まで)いただくと加点され順位が上がります。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 三田(市)情報へ
にほんブログ村



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




いつも最後までお読みいただきありがとうございます♡
こちらにも「読んだで〜♪」のクリックをいただけるとうれしいでーす!
↓ ↓ ↓




梅シロップと、みてミソ



母子(もうし)の良さを伝えたい♡
めざせ三田市の有名ブログ!

ということで、ぜひ応援をよろしくお願いします♪

クリック(1日1回まで)いただくと加点され順位が上がります。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 三田(市)情報へ
にほんブログ村



こんばんは。
おひさしぶりのウェブ係タケモトです。


今日は6/6に漬けてすっかり放置していた梅シロップを床下から救出!
→漬けた時の記事はコチラ
20140829225221c97.jpg

梅しわっしわ!
201408292252507cf.jpg

このしわしわ梅で、簡単煮梅を作りました。
→参考レシピはコチラ

明日この煮梅と梅シロップである物を作りたいと思います。
またアップします〜。





で、ついでに、同じく床下で寝かしているお味噌をみてミソしてみました。

黒千石のお味噌
3/10

20140829225218078.jpg

8/30
20140829225216c41.jpg
色が濃くなってる〜!
そして上のところカビてる。


青豆のお味噌
2/14

20140829225220a2f.jpg

8/30
20140829225217d45.jpg
分かりにくいですが、こっちも色が濃くなってる〜!
やっぱり上のところカビてる。
(小さい容器に入れ替えたので、量が増えたようにみえますが、ちがいます笑)


冬に食べるのが楽しみでーす!



いつも最後までお読みいただきありがとうございます♡
こちらにも「読んだで〜♪」のクリックをいただけるとうれしいでーす!
↓ ↓ ↓




スポンサーサイト

黒千石のお味噌づくり



母子(もうし)の良さを伝えたい♡
めざせ三田市の有名ブログ!

ということで、ぜひ応援をよろしくお願いします♪

クリック(1日1回まで)いただくと加点され順位が上がります。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 三田(市)情報へ
にほんブログ村



こんばんは。
ウェブ係竹本です。



藍本の無農薬栽培農家ラモスが作った黒千石(くろせんごく)という珍しいお豆で、お味噌を仕込みました〜!
(山の上のやおやさんの西海さんが作った、母子産青豆でのお味噌づくりは→コチラ)


お味噌出来上がり4kg分で、900gのお豆を使います。
201403100048197bb.jpg

一晩水に浸けて
20140310085959122.jpg

2時間中火で、親指と人差し指でつぶせるぐらいまで煮る。
煮汁が足りなくなったら水を足しながら。めっちゃ紫ー!
20140310092008550.jpg

1.5kgの麹と450gの塩を用意。
(麹を多めにすると甘いお味噌になるそうで、今回麹を1.8kgにしてみました)
20140310142341c69.jpg

麹を熱湯消毒したシリコンバケツに入れて
20140310142342834.jpg

両手でスリスリして、ばらばらににほぐす。
20140310142407089.jpg

塩を入れ
20140310142409778.jpg

手でよく混ぜる(塩切り)。
2014031014241042f.jpg

煮豆を寿司桶にあける。
20140310142412523.jpg

すりこぎでドスドスつぶす。
201403101424134d2.jpg

煮汁を足しながら耳たぶぐらいのかたさにする。
つぶしきれなかったお豆の粒がまた食べた時においしいんだなあ♡
201403101424418a3.jpg

つぶしたお豆を、さっきの塩切り麹へ。
20140310142442e2c.jpg

手でよーく混ぜ、練り合わせる。
ムニュムニュ。きもちいい〜!
201403101424448ad.jpg

完全おはぎ!!!
丸めて味噌玉を作る。
20140310142445788.jpg

容器に味噌玉を勢いよく投げつけ、空気を抜きながら入れていく(カビ予防)。
20140310142447169.jpg

入りました。
20140310142512cf9.jpg

スプーンで表面をきれいに平らになるようならす(カビ予防)。
20140310142513b1d.jpg

熱湯をかけた熱いふきんで、容器のフチについたお味噌をきれいに拭き取る(カビ予防)。
20140310142515d20.jpg

ラップをぴちっと敷き、塩を乗せる(50gぐらい)。
201403101425161a7.jpg

フタをして、薄暗く涼しいところで保存。
熟成期間は9〜10ヶ月ぐらい。
20140310142518c31.jpg


注意点
※麹菌が納豆菌に負けてしまうので、前日から納豆禁止。
※納豆、漬物、らっきょう等を作った容器ではお味噌の出来が悪くなる。
※熟成中に水が出ることがあるので、容器は余裕をもって大きめのものがよい。
(今回の容器は小さすぎです。これしかなかったので。。)




そして夜は黒千石の煮汁で、カレー!
ありえないうまみ!!
20140310224713c11.jpg




結論。
お味噌づくりは、何人かでワイワイ言いながらやるほうが楽しい!



いつも最後までお読みいただきありがとうございます♡
こちらにも「読んだで〜♪」のクリックをいただけるとうれしいでーす!
↓ ↓ ↓




theme : 兵庫県
genre : 地域情報

お味噌作り!!



母子(もうし)の良さを伝えたい♡
めざせ三田市の有名ブログ!

ということで、ぜひ応援をよろしくお願いします♪

クリック(1日1回まで)いただくと加点され順位が上がります。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 三田(市)情報へ
にほんブログ村



おはようございます。
ウェブ係竹本です。


昨日はまたまた大雪でしたねー。
母子は吹雪いてスキー場みたいに真っ白けっけのこんもり雪!でした。
今もチラチラ降っています。




そして昨日、待ちに待った初めてのお味噌作りをしました!
手づくり市会場でもある、山の上のやおやさんの田端さんちで教えていただきました。

田端さんは子どもの頃からお味噌作りをされていて、お味噌を買ったことがないそう!裏山鹿〜!!





お味噌はスーパーで買ったことしかない!お味噌作り初体験の参加者は、

手づくり市に出店してもらったことのある、陶芸家の安藤由香ちゃん。
20140215083205c84.jpg
from Studio & ←クリックで由香ちゃんのブログや作品がみられます。


私の、小学校の頃からの同級生です。
おしゃれで、ゲラです。
由香ちゃんといると笑いが止まらなくなります(ゲラ相乗効果)。





そして、はじめましての、パッチワーク職人のパッチさん(日本人ですよー!)。
20140215083204188.jpg
from patch-work


おしゃれでこども好き、やさしいお兄さんです。
patch-workという名で活動されています。



patch-workとは?
高齢者と若者がパッチワークという共通の趣味を持つことでそれを触媒とし、高齢者と若者が楽しく自然と 「世代間交流」を深めること目的としています。
そのコミュニティが高齢者の「生きがい」や「雇用」を創出し、そして、孤独死や独居死など「無縁社会」を未然に解消できるきっかけになるのではないかと考えています。

patch-workが提案する 『Grandma's gift』という取り組みは、カリスマパッチワーカー(おばあちゃん)達が、子供や孫の世代に向けて心の籠った鞄や小物を作り、またおばあちゃんの知識や経験など次世代へと伝え繋げていく仕組みづくりです。

使用する生地やパーツは、兵庫県特産物の播州そろばんと播州織、淡路島の大海原で使用され役目を終えた大漁旗等、兵庫県播州地域材を使用し、播州エリアに住む方々が郷土の物を改めて見つめなおし、地域活性化のきっかけにもなればと考えています。
(patch-workのHPより転載)




ステキやー!
播州そろばんと播州織と大漁旗!?めっちゃおもしろい!






そんなほんわかコンビの二人がコラボしています!
その名も「くらしめがね」

西宮市の小さな廃校、船坂小学校でワークショップを開催しています。
ごキョーミのある方はぜひ!
私も行ってみたいっす。





藍本の完全無農薬栽培農家、ラモス青年も、お豆の配達まえに寄ってくれ、おしゃべり。
ラモスはほんわかしているけど、野菜への情熱は人一倍!なおしゃれ農家です。写真撮ったらよかったー!




みんな大雪の中、苦労して山道を上がって集まってくれました!

こんな愉快なメンバーでお味噌作り開始!




前夜、お豆をさっと水洗いし、4倍くらいの水につけておく。
2014021508330877c.jpg

当日朝、ふきこぼれないよう、こげつかないよう、中火で2時間くらい煮る。
水が少なくなったら加えながら、指でつぶせるぐらいまで。
いいにおい〜♪横でぬかを煎ってます。
20140215083309a1b.jpg

お豆を大きな容器に移す。
20140215083310633.jpg

すりこぎや、めん棒でつぶす!
途中お豆の煮汁を加えてやわらかさを調節しながら。
2014021508323538f.jpg

甘くておいしい母子産の青豆、こどもは顔も体も豆まみれでつまみ食い!
いや、お手伝い!
201402150832374c6.jpg

麹を加え、塩を加え、両手で全身を使って練り合わせる。
つぶれたお豆をぐちゃぐちゃするの、きもちいいー!


両手で丸めて味噌玉をたくさん作る。


仕込み容器の底に、味噌玉を勢いよく投げつけ、空気が入らないようにきっちりとつめ込む。
パーン!といい音がして、きもちいいー!


お味噌の表面を平らに整え、フチもスプーンを使い平らにする。
デコボコしていると空気に触れる面が多くなり、カビの生える範囲が広くなるため。
20140215083238414.jpg

熱湯で消毒したフキンで、容器のフチなどについたものをきれいに拭き取る。
できるだけカビを予防するため。
201402150832390f3.jpg

ラップをお味噌の上にぴっちりと空気を抜いて敷く。
2014021508324153b.jpg

ラップの上にのこりのお塩をのせる。
お塩の吸湿作用、殺菌作用を利用するんですね〜かしこい!
20140215083159511.jpg

フタをして、薄暗く涼しいところで保存、熟成させる(9〜10ヶ月ぐらい)。
私は床下収納に入れました!
20140215083201e3f.jpg



注意点
お漬物、ラッキョウ、梅干しを漬けた容器、納豆を作った容器は、お味噌の出来上がりが悪くなる。
麹菌が、乳酸菌や納豆菌に負けてしまうそう。
納豆を食べてお味噌作りをするのもあまりよくない。





早ければ9月頃に食べられるそう。


山の上のやおやさんの西海さんが自然農法で作った、無農薬の母子産青豆と、
同じく西海さん&田端さんが自然農法で作った、無農薬のお米から作った麹と、
天然塩で、母子産お味噌♡

たのしみすぎる〜!





そしてお味噌を食べるたんびに、この日のことを思い出すんやろうなあ〜
大雪、由香ちゃん、パッチさん、ラモス、お豆まみれのこども。ああうれしい。


手づくりする、手間をかける、仲間と時間を共有する、ああ贅沢!
ほんまにありがとうございます。






お味噌作りの後は、みんなでお昼ごはん。
手づくり味噌にしょうがを加えただけのしょうが味噌、これだけでご飯何杯もいけちゃうぐらいおいしいんです。
楽しかったー!




で、夜は、田端さんに教えてもらった、残ったお豆の煮汁を使ったカレーにしました♡
お豆のうまみがありえないぐらい凝縮されたワンダーカレー!!withむかご。
20140215083202c44.jpg



毎年の恒例行事にしましょう♡
田端さんありがとうございました〜!!!



いつも最後までお読みいただきありがとうございます♡
こちらにも「読んだで〜♪」のクリックをいただけるとうれしいでーす!
↓ ↓ ↓




10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

yamanouemoushi

Author:yamanouemoushi
兵庫県三田市母子(もうし)は「三田のチベット」といわれる三田市最北の地で、三田の市街地から車で約30分ほどの山の上のまちです。

標高が約500mあり昼と夜の気温差が大きく、お茶の栽培やお米づくりが盛んな母子茶の里です。

涼しい気候のおかげで虫が少なく、無農薬や減農薬での野菜栽培に適しています。


✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎


そんな母子で、手づくりの物を売りたい人がいる。
そしてそれを買いたい人がいる。

売りたい人と買いたい人のパイプ役になりみんなで笑顔になれたらいいなと思い、2013年7月、山の上の手づくり市を始めました。


✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎


母子産の新鮮野菜、お花、お米、母子茶、自然農法の麦茶、採れたて卵、ハンドメイド品などなど…

地元の人の手しごとの物を、古民家の縁側で販売します。


✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎ ✳︎


試飲のお茶をご用意してお待ちしております。

農作業の休憩がてら、また、ドライブがてら、お茶畑と田んぼに囲まれた母子へ是非ゆっくりのんびりしにおいでください。



山の上のやおやさん

最新記事
最新コメント
カテゴリ
書 (3)
月別アーカイブ
リンク
Facebook
いいね!してね。

お問い合わせ
「山の上のてづくり市」への
ご意見・ご質問はもちろん、
「母子でのいなか暮らし」に
興味がある!という方、
ぜひお気軽に
メッセージください♡

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログランキング
母子の良さを伝えたい♡
めざせ三田市の有名ブログ!

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 三田(市)情報へ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドイベント・作品展へ

三田市情報人気ランキング
今、何位かな?

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。